年齢は関係ない!ヤル気さえあれば誰でも学べる通信大学とは?

通信で大学ってどういうこと?

大学といえば、高校を卒業してから入るもので、熾烈な受験戦争を勝ち抜かなければいけないものというイメージがあるため、年齢を重ねてからでは大学で学ぶことができないと思ってしまいがちです。しかし、年齢関係なく、学びたいという気持ちがあれば学ぶことができる大学があります。それが通信制大学です。
通信制大学は多少の違いはありますが、通信教育のようなものと考えても差し支えないでしょう。自宅で学ぶことが主な学習方法となるという点では同じです。違いといえば、通信教育にはないスクーリングがあるということです。スクーリングは直接大学に行き、短期間ではありますが直接講義を受けることができるもので夏や冬といった長期の休みが取りやすいタイミングに行われることが多いです。

通学制の大学との違いは?

通信大学と一般的な大学の違いは、入学の時の試験です。通信大学は多くの場合で入学試験が課せられていませんので、高校を卒業してから十数年以上経過し、テストなんか受けられる状態ではないという人でも問題なく入学することができる可能性が高いです。面接や小論文が必要な大学もありますが、一般的な大学入学のための試験を受けるよりもハードルは低いといえるでしょう。
また、学習は自分で行わなければいけませんので、学習のための時間をきちんととることも大切です。大学に通う必要がなく、「今日は疲れたからまた明日」というように、自分の都合に合わせて勉強をするタイミングをどんどんと先延ばしにしてしまいがちになりますので、きちんとプライベートな時間と勉強に当てる時間とを決めておくことも大切です。

小学校教員免許を通信教育で取得するためには、どうすればいいのでようか。それは通信制の大学で必要な単位を取れば免許の取得が可能になります。

© Copyright Acquisition Of Knowledge. All Rights Reserved.