社会人でも簡単学歴アップ!通信大学とは?

誰でも入れる正規の大学

高等学校や短期大学、あるいは専門学校を卒業してそのまま社会に出たけれどやはり大学卒業の学歴が欲しいという方、夢をかなえるためにせっかく入った会社を辞めて難しい受験勉強を再開する必要はありません。通信大学(私立大学の通信制課程や放送大学)という手段があるからです。
通信大学は入学するのが比較的簡単で(一部の例外を除く)、社会人としての生活を続けたまま在籍しることも可能な正規の大学です。高等学校を卒業したばかりの若い人から、長い社会人生活を終えて第二の人生を送る70代・80代以上の人まで、さまざまな年代や職業の人々が学生生活を送っています。バラエティに富む人々が在学している故にユニークな個性の持ち主も多く、自らの生活環境にどこか息苦しさを覚えている人が一息ついて自分の生き方を見直す場としても、適しています。可能な限り、地域の学生会やサークル活動にも積極的に参加してみることを勧めます。

学ぶことの厳しさと新時代に向けた展開

しかし通信大学は、決して「卒業するのが易しい大学」ではありません。自分の生活を律し、孤独の中で黙々と勉強を続け、単位をひとつひとつ積み重ねていくだけの、精神的な強さが必要です。しかも年に数回スクーリングといって、本校などで面接授業を受けなければなりません。職場に事情を話して了解をもらう必要が出てくる局面もどうしても出てくるでしょう。会社に隠れてこそこそと勉強を続けることは不可能ではないかもしれませんが、望ましいことではありません。昼間の大学と同じように、卒業論文だって書かなければならない大学も多いのです。卒業率も決して高くありません。
もっとも現代はインターネットの時代、課題のレポートの提出やゼミの集まりにインターネットを利用したり、授業そのものもネットを通じて受講できるようになっている学校も多くなっています。通信大学の世界も、ひと昔前に比べてずいぶん学びやすくなりました。

英語の教員免許を通信をすることで、時間を有効活用することができます。自宅で勉強することができるからです。

© Copyright Acquisition Of Knowledge. All Rights Reserved.